クリニックブログ

2018.01.03

大腸内視鏡検査の前処置はどのようにすればいいの?

新年あけましておめでとうございます!
年齢を重ねる度に一年過ぎるのが早くなる気がします…

 

大腸内視鏡検査の前処置についてですが、大腸内視鏡検査前日に低残渣食を食べてもらい、夜に錠剤の下剤を飲んでもらいます。必要に応じて10ccの水薬も飲んでもらいます。就寝前に水分を多めの水分補給をすると、翌日便の出が良くなることが多いです。

大腸内視鏡検査当日には約1.5〜2ℓの下剤を飲んでいただきます。
大腸内視鏡検査当日の下剤を飲むと、たくさんの便がでてきます。自宅で下剤を飲む場合は、下剤内服時に家事をしたり、軽い体操したりと身体を動かすと、便の出方がよくなることが多いので試してみてください。
また、どうしても大腸内視鏡検査当日の約1.5〜2ℓの下剤が飲めない方には、下剤の量を最小限に抑えた新しい下剤や下剤内服しない検査方法もあるので、検査前診察時に最適な大腸内視鏡検査方法をご相談いただけます。

 

大腸内視鏡検査を受ける際は不安もあり、緊張してしまうと思いますが、分からないことは遠慮せず、気軽にスタッフに聞いてください!

 

品川胃腸肛門内視鏡クリニック スタッフM

クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く メールでのお問い合わせ