クリニックブログ

2018.03.21

排便時出血と思ったら・・・

やっと寒さが落ち着いて、暖かな春が近づいてきました。

と思ったら、また雪でしたね。びっくりですね!

寒さで、身体も冷えることが多く痔も悪化し、排便時出血に至る方も多かったと思います。

痔は冷えやいきみ、便秘や下痢など様々な要因で発生し、ひどくなります。

でも、病院にはなかなか行きづらいですよね。

まずは、お風呂につかり、身体を温め、結構をよくすることがとても効果的です。

そして、便秘だと長くなってしまうトイレに座っている時間ですが、短い方がよくて、5分以内で切り上げましょう。

いきみと冷えは痔にとって大敵です!

また、痔の出血と思ったら、実は大腸腫瘍からの出血ということもあります。

痔はほっといても、命取りになることが少ないですが、大腸腫瘍からの出血を放置した場合は命に関わります。

肛門内科と内視鏡内科を併設している品川胃腸肛門内視鏡クリニックでは、羞恥心を配慮した診察を心がけており、大腸内視鏡検査では大腸腫瘍(大腸腺腫および粘膜内癌)を検査当日に切除することも可能です。

当院の大腸内視鏡検査の特徴としては、苦痛が少なく、高い病変発見率(存在診断)、正確な鑑別診断(質的診断)に加えて、合併症や再発の少ない治療(適切な治療)であります。

排便時の出血でお困りの方は是非当院にご相談ください。

品川胃腸肛門内視鏡クリニック スタッフM

クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く メールでのお問い合わせ