過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)について

過敏性腸症候群(IBS)は、慢性的な下痢の症状が一般的に知られていますが、慢性の便秘や、便秘と下痢を繰り返す症状もあります。
ストレスとの関係が深いことが指摘されていますが、実は腸と脳には密接な関係があり、IBSでなくても脳がストレスを感じた際には、それが腸に信号となって伝わってしまうのです、IBSでは、特にこのストレス信号がつながりやすい状態になっていて、腸が反応してしまうのだとされています。
また、腸の働きをコントロールしているのは自律神経ですが、この自律神経がストレスによって乱されることで腸の働きにも影響が出てきます。
こうした要因によって、慢性的な腹痛、下痢、便秘の症状が起こるのが過敏性腸症候群(IBS)です。
症状自体だけでなく、症状が起こるのではないかという不安で日常生活に支障が出てくることも珍しくありません。IBSかもしれないと思ったら、お気軽にご相談ください。

過敏性腸症候群(IBS)の症状

・通勤中や通学中の電車などで急に腹痛が起こる
試験や会議、プレゼンといった緊張する場面が近づくと腹痛が起こる
大事な相手と会う直前に腹痛が起こる
外出中や旅行中に腹痛が起こり、慌ててトイレを探すことが多い

IBS(過敏性腸症候群) の診断

別の病気が原因となって症状が現れている場合もありますので、まずは症状についてじっくりうかがいます。
IBSの可能性がある場合には、症状がどんな時に起こり、どのくらいの時間持続し、どんな症状が現れるのかを詳しくお聞きしていきます。診断のために検査を行うこともありますが、事前にきちんとご説明して納得頂いた検査を行っておりますので、ご安心ください。

治療

女性用洗面台症状に合わせたお薬を使った治療を行っていきますが、腸が過剰に反応してしまうメカニズムには情報伝達を担っているセロトニンが関わっていますので、セロトニンに働きかける治療も行っています。セロトニンをコントロールすることで、ストレスがあっても症状を抑えることを期待できます。
そして、IBS治療には、腸のコンディションを整えるための生活習慣改善がとても重要です。食事の内容、摂るタイミング、睡眠の量や質の確保、朝の時間の過ごし方などを見直し、適度な運動や上手なストレス解消法を見つけることなどが症状の改善に効果的です。腸の働きを整えてくれる運動は、散歩やストレッチなど、楽しめる程度のものを続けるとストレス解消にもつながります。

下痢の症状がある場合に注意したいこと

腸への刺激は下痢を起こしやすくします。香辛料の多い料理や、冷たい飲み物、脂っこいメニューは腸への大きな刺激となりますので、できるだけ避けてください。また、飲酒も下痢の原因になりますので、控えめにしてください。また、牛乳でお腹がゆるくなる場合もありますので、注意しましょう。

便秘の症状がある場合に注意したいこと

食物繊維の多い食材や水分を積極的に摂取してください。食事中に飲む水分は大腸まで届きやすく、便をやわらかくしてくれますので、たっぷり水分を摂りながら食事すると効果的です。

24時間WEB予約メールでのお問い合わせtop
0334476337
クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く メールでのお問い合わせ