痔の日帰り手術

痔核(いぼ痔)の切らない日帰り手術

ジオン注射=ALTA療法(アルタ療法)は、痔核(いぼ痔)を切らずに、注射で治す画期的な痔の治療法で、日帰りで受けていただけます。
患者様には 「もっと早く受ければよかった」「痛くなかった」と評判がよく、一般的な注目度の高い治療法です。

痔の治療をためらう必要はもうありません!

こうしたお悩みやご不安があって、受診をためらっていませんか?

  • 肛門科への通院は恥ずかしく、抵抗がある。
  • 誰にも気づかれずに痔を治したい。
  • 会社や学校を休まずに、治療してほしい。
  • 多忙で通院回数を増やすのが難しい。
  • 痛い治療やおしりを切る治療が怖い。
  • 診察で何をされるのかが不安だ。
  • 治療後も痛みなどがあるのではと心配してしまう。

早めに治療を受けていただけると、お薬だけの治療や、痛みのない注射による治療、日帰りでの治療が可能です。
症状がある方は、思い切って医師の診察を受け、お悩みを解消してください。

内痔核(いぼ痔)に効果を発揮する注射での治療。

ジオン注射(ALTA・アルタ療法)は、脱肛を伴う内痔核(いぼ痔)に高い効果がある治療法です。ジオン注射(ALTA療法)は、平成17年の5月から健康保険適用になっています。

  • 座薬や軟膏を肛門に注入する治療では効果がない!
  • 排便時にたびたび出血を起こす。 排便時の脱肛があるが、自然に戻る。

こうした内痔核(いぼ痔)でお悩みの方にとって、ジオン注射(ALTA・アルタ療法)は画期的な治療です。痛みはほとんどなく、注射だけですから日帰りで治療を受けられます。手術に代わる治療法として、最近注目を集めており、患者様の期待も高い治療です。
これまでであれば手術が必要と判断されたケースでも、ジオンを痔核へ直接注射するこの硬化療法で、手術と同等の効果を得られる症例が多くあります。

ジオン注射(ALTA療法)について

成分

ジオンの有効成分は、硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸です。この強力な硬化剤である治療薬を、患部に注射して痔核の脱出・出血症状を改善します。

硫酸アルミニウムカリウム

痔核に炎症、線維化を起こして痔核を退縮させます。これにより、脱出や出血症状を改善します。

タンニン酸

硫酸アルミニウムカリウムによる過度な炎症をタンニン酸が抑制することで、組織の障害を防ぎます。

治療の流れ

  1. 最初に麻酔を行います。
  2. 一つの痔核を、上極部粘膜下層、中央部粘膜下層、中央部粘膜固有層、下極部粘膜下層の4ヵ所に分割してジオンを局所注射する四段階注射法を用います。治療の所要時間は、麻酔を含め約30分が目安となります。
  3. 注射後、出血が止まっていき、脱出も軽くなっていきます。
  4. 脱出が見られなくなるのには個人差がありますが、1週間から1ヶ月程度です。

4段階注射法の写真

 

メリット・デメリット

メリット

脱肛を伴う内痔核の治療は、手術が必要でしたが、ジオン治療が登場して注射だけの治療が可能になったことが最大のメリットです。入院せず日帰りで受けられますので、お仕事を長期に休む必要もありません。
また、手術に比べ痛みや出血が少なく、治療時間も短縮されているので、お身体やお気持ちへの負担も軽減されています。
さらに、治療は保険適用され、入院費も必要ないため、経済的な負担も軽くなっています。

デメリット

すべての脱肛する内痔核を治せる治療ではないため、手術治療が必要なケースもあります。手術になるか、ジオン治療になるかは、診察を行って脱肛の程度と特徴を基に判断しています。
また、ジオン(ALTA)注射の治療を受けた後、再発の可能性もゼロではありません。ただし、再度の治療が必要になった際に、もう一度、ジオン(ALTA)注射の治療を受けることも可能です。
ジオン(ALTA)治療は、たとえ肛門科であっても全てのクリニックや病院も受けられる治療法ではありません。ジオン(ALTA)治療で用いられる四段階注射法は、高い技術と深い知識が必要とされる治療法であり、専門的な教育を受けた医師が在籍する施設でないと行えません。当院の医師は、日本大腸肛門病学会の認定施設で修練し、ジオン(ALTA)治療に必要な知識及び経験を修得するための四段階注射法講習会を受講終了しています。

術後の注意

入院の必要がなく、日帰りで受けられますが、ジオン治療を受けたら2日程、ご自宅で安静に過ごす必要があります。 また、痔核に注入された硫酸アルミニウムカリウムは腎臓から尿中に排泄されますから、それを促進するために十分な水分摂取を行って尿量を確保することが重要になってきます。水分摂取に関しては、治療を受ける前から留意して行います。

副作用

副作用として、注射した部位の痛みや腫れ、発熱、潰瘍、肛門部を重たく感じるといった症状が現れる可能性があります。
ジオン注射は、術後が楽であることもその特徴のひとつです。
ジオン注射(ALTA・アルタ療法)では、術後1~2週目に軽い排便時の出血を起こす可能性があることから、当院では、原則として治療後1週間目にご来院していただいています。その時の状態に応じて注入軟膏をお出しし、1週間使用していただくことで出血を回避しています。
また、アルミニウムの化合物の注入に抵抗を感じられる方もいらっしゃいますが、ジオン注射(ALTA療法)後に十分な水分補給を行って尿量を確保することで、約24時間以内に排泄されてしまいます。

患者様の声

ジオン注射(ALTA・アルタ療法)は患者様からさまざまなご好評をいただける治療法です。
「やってよかった」「痛くなかった」 というものがほとんどですが、中には「恥ずかしがっていた期間がもったいない」「もっと早く受ければよかった」というものもあります。
内痔核(いぼ痔)でお悩みの方にとって、画期的な治療法ですが、すべての内痔核がジオン注射で治せる訳ではありません。また、注射だけと安易に考えず、日帰りではあっても手術を受けるという意識を持つことが重要です。

当院で 痔の日帰り治療を行う 4つのメリット

1,内科や消化器内科が併設されており、気軽に通院できます。

痔で悩まれていても、恥ずかしさや抵抗感から、通院をためらう方がまだまだ多いのが現状です。
当院は内科や消化器内科が併設され、内視鏡検査や健康診断なども行っているクリニックですから、人目を気にせずご通院いただけます。

2,治療の当日に、ご帰宅可能です。

手術の所要時間は、麻酔も含めて30分前後です。そして、ジオン注射(ALTA療法)では、術後歩いてご帰宅頂けます。ただし、手術の内容によってはタクシーでご帰宅いただく場合もあります。
日常生活に戻る時期は、個人差はありますが、ほとんどの方が翌日であり、翌々日にはお仕事への復帰も可能です。

3,土曜日と日曜日の診療や手術も行っています。

当院では、ジオン注射・手術・内視鏡検査などを含め、土曜日と日曜日の診療を行っているため、お忙しい方でも治療を受けられます。なお、ご希望日は患者様にお選びいただいています。

4,術後のサポートも万全です。

当院では、ジオン注射(ALTA療法)症例を含む肛門科日帰り手術において、緊急時にも配慮した万全な術後管理体制をとっています。

痔の治療は、症状が軽ければ薬の処方のみで治ることもよくあります。そして、悪化するに従って治療の難易度が上がり、お体への負担も増え、治療期間も長くなります。
そのため、思い立ったときにできるだけ早く治療を受けることをおすすめしています。
おしりに出血や違和感、痛みなどがあったら、勇気を出していらしてください。ご不安が強い場合には、ご相談だけでも大丈夫です。

また、当院で肛門科以外の診療を受けた際などのついでに、医師におしりのお悩みをご相談いただくことも可能です。お気軽にいらしてください。

ジオン注射の料金

ジオン注射治療 17,000円~

※患者様の状態によって、費用が前後する場合があります。
※この料金は、健康保険の3割負担を使った場合の目安です。

24時間WEB予約メールでのお問い合わせtop
0334476337
クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く メールでのお問い合わせ