大腸ポリープ切除

大腸ポリープ切除の必要性

良性の大腸ポリープが大きくなってしまうと、表面の一部からがんが発生します。それが徐々に大きくなると進行がんになり、リンパ節転移や他臓器への転移の可能性が出てきます。便潜血の検査では早期大腸がんをみつけることは難しいですが、内視鏡検査ではがんが発生していない良性のポリープの段階で発見し、その場で切除することも可能です。つまり、内視鏡検査は、効果的な大腸がんの予防手段でもあるのです。

大腸がんは遺伝性であることが指摘されていますが、食生活も大きな影響を及ぼします。以前は日本の大腸がん罹患数は少なかったのですが、食生活の欧米化によって増えてきています。現在、がんによる死亡率をみると、大腸がんは女性で第1位、男性で第3位であり、2020年には大腸がんの罹患数も含めて男女とも第1位になるとみられています。

厚生労働省班会議が行った多施設共同研究でも、ポリープを切除することで大腸がんになる確率は有意に低くなることが証明されています。それによると、ポリープを切除していない群の5年後大腸がん罹患率は1.0%、10年後は5.2%ですが、ポリープを切除した群の5年後大腸がん罹患率は0.7%、10年後が2.2%という結果が報告されています。内視鏡検査を受けてポリープを切除することは、大腸がんの発生数の抑制に役立っているということがわかっているのです。

日帰り大腸ポリープ切除について

当院では、あらかじめ患者様のご了解をいただいた上で、大腸内視鏡検査の際に大腸ポリープや早期大腸がんを発見した場合、病変の切除も行っています。これは内視鏡検査同日に受けられる日帰り手術ですから、入院は必要ありません。また、検査の後、改めて手術日のスケジュールを作り、前日からの食事制限や下剤の服用などをすることもせずにすみます。

ただし、患者様の全身状態(体力)、抗血栓薬の内服の有無、ポリープの数や大きさによっては、治療を安全に行うためすべてのポリープを検査日同日に切除しないことがあります。なお、入院治療が必要なケースでは、信頼できる医療機関を責任もってご紹介することも可能であり、また院長が勤務する関連病院での入院治療も可能です。

ポリープ切除は日帰りで受けられますが、手術ですので出血予防のために最長術後2週間は、飲酒、運動、旅行、出張などを控える必要があります。そのため、ポリープ切除をご希望される際は、この点も含めてご検討いただいています。

当院で行っている内視鏡によるポリープ切除は、内視鏡的ポリペクトミー(コールドポリペクトミー)や内視鏡的粘膜切除術などの手法で行っています。ポリープ切除を行った場合でも、遠隔診療(電話などによる説明)をご希望された場合は(要予約)、術後合併症がなければ術後来院する必要性はありません。

内視鏡的ポリペクトミー

5~10ミリ程度の小さなポリープを安全に切除するために適した手法です。ポリープにループ状の電気メスであるスネアをかけ、しめつけて切り取ります。ポリープは切除後に回収して、生検を行います。
当院では、ポリペクトミーという電流を用いたポリープ切除と、コールドポリペクトミーという電流を用いない切除を行っており、ポリープの大きさなどにより適した手法を選択して用いています。

ポリペクトミー


一般的なポリープ切除で用いられている手法です。内視鏡の先端についているスネアをポリープの付け根にかけて徐々にしめていき、その後、電気を流してポリープを焼き切ります。焼き切るため、術中の出血が少なくなります。切除したポリープは、がん細胞がないかを調べるため、回収後に顕微鏡による病理検査を行います。

コールドポリペクトミー


コールドポリペクトミーは電流を使わずに切除する方法で、病変部分のみをそのまま切除します。 
これまで行われてきたポリペクトミーは、ポリープを焼き切るため術中の出血が少ないというメリットがあるのですが、切除した部分に熱焼灼効果を起こって後になって出血や穿孔などの合併症を起こす可能性があります。
それに対し、コールドポリペクトミーは電流を使わないため、術後の出血が少なく抑えられ、合併症の危険性も低くなっています。また、抗血栓薬内服中でも休薬することなく施行可能であり、抗血栓薬内服中の方には特にメリットが大きい治療法といえます。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)


そのままではスネアをかけて治療できない平坦なポリープや早期大腸がんに適した手法です。病変に生理食塩水を注入してからスネアをかけます。その後、スネアによるしめつけや切除を行い、回収した組織は生検を行います。
早期のポリープや大腸がんは平坦なケースがよくありますが、これはポリープや大腸がんが腸の一番内腔を覆っている層である粘膜層から発生して成長するために起こります。
内視鏡的粘膜切除術は、粘膜層のすぐ下にある粘膜下層に専用の液体を注入します。これによって粘膜層だけが持ち上がるため、平坦なポリープや早期大腸がんを切除しても、筋肉より深い層には通電されず腸に穴があくことを予防できます。それによって、平坦なポリープや早期大腸がんが、より安全に、そして確実に切除できるようになっています。

大腸ポリープ切除後の合併症について

内視鏡によるポリープ切除は日帰りで受けていただけるほど安全な手術ですが、それでも手術である以上、合併症の起こる可能性はゼロではありません。そして、患者様が合併症についてあらかじめ知っておくことは、合併症の予防や万が一の際の的確な判断につながるため、とても重要です。

術後出血の可能性について

ポリープ切除後の合併症として1番多いのは、切除した傷口からの出血であり、数百例に1例程度の頻度で発生しています。そして、こうした術後出血は、どんな名医であっても可能性をゼロにすることはできません。
術後出血が起こるのは、ほとんどが切除後2~3日以内で、1週間経過後は0%に近づいていきます。少量の血液が便に交じる程度でしたら、安静に過ごすことで自然に出血は止まる場合が多いのですが、便がほとんど血液であるような大量出血の場合には、大腸内視鏡による止血術が必要になります。

大腸穿孔の可能性

大腸穿孔は緊急に開腹手術を行う必要のある合併症で、大腸ポリープの内視鏡切除後の数1000例に1例というとてもまれな頻度で起きます。ただし、大腸穿孔を起こしたものは、大きなポリープの無理な切除や、通電し過ぎたなどのケースが多く、経験豊富な専門医が行う手術であれば、かなりリスクが低減します。

切除後の注意点

ポリープ切除は日帰りで受けられる手術ですが、病変部の切除を行いますので、切除したポリープの大きさや形、数、内部の血管性状などの要因によって予期しない出血や穿孔などの合併症が全くないわけではありません。そして、合併症を起こさないためには、治療を受けられるご本人にもいくつかの条件や生活制限を守っていただくことが不可欠です。
また、万が一合併症が起こった場合、すぐにご連絡いただき、適切な処置や治療を受けられるようにしています。

切除したら、その後1-2週間禁止する必要があるもの

  • 飲酒
  • 力仕事(腹圧がかかる動作)
  • 激しい運動(ゴルフも含まれます)
  • 長時間の車の運転
  • 飛行機などを利用した旅行
  • 浴槽につかる長時間の入浴(シャワーは可能です)

食事制限

切除当日は柔らかく消化の良いものを食べ、徐々に普通の食事に戻していきます。

24時間WEB予約メールでのお問い合わせtop
0334476337
クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く メールでのお問い合わせ