肛門内科

早めの受診がおすすめです

「痔かもしれない?」と思ったら、早めに受診することで、より楽に治すことも可能になります。
おしりの症状は痔の可能性もありますし、大腸の病気が潜んでいることも考えられます。
そこで、代表的な症状や肛門疾患、そしてそれを見分けるポイントをご紹介します。

排便時の出血

真っ赤な血がポタポタ出る 内痔核など
赤黒い出血がある 大腸がん、虚血性大腸炎、憩室からの出血など
便の表面に血液が付着している 大腸ポリープ、大腸癌など
粘液と血液が混じる粘血便がある 潰瘍性大腸炎、クローン病など
真っ赤な血がトイレットペーパーに付着した 裂肛、内外痔核など

肛門部の痛み

排便時に痛みがある 裂肛、外痔核など
肛門が常に痛い 血栓性外痔核(肛門部に硬結)、肛門周囲膿瘍(肛門部に熱感)、炎症を伴う内外痔核など
激しく痛む 内痔核嵌頓など

肛門からの脱出する組織を認める

組織が柔らかい 内痔核、皮垂など
組織が硬い 肛門ポリープ、血栓性外痔核など
大きな組織が出る 内痔核か嵌頓(痛みあり)、直腸脱(無痛)など

下着が汚れる

粘液や便の付着 内痔など

肛門診療について

当院の肛門診療

診察室肛門科を受診することに抵抗を感じる方が多いのですが、それは診察内容がよくわからないことや、痛い処置をされるのではという不安が大きな原因になっていると感じます。肛門科の処置には痛みを伴うものはほとんどありませんので、ご安心ください。

診察内容については、実際に具体的なご説明を行うことで、ご不安の解消につながると思いますので、大まかな診療の流れを以下でご紹介いたします。

肛門診療の流れ

1診療準備

診察室に入ったら、診療台に横たわっていただきます。診察室は個室ですから、プライバシーは守られています。また医師や看護師との会話は外に聞こえないように、壁やドアが防音仕様にしていますので、ご安心ください。 女性看護師がお手伝いして姿勢を整えます。診療台の上で取る姿勢は、横向きに寝ていただいて、脚を曲げ、おしりの部分だけが見えるように下着を下ろします。その後、腰にバスタオルをかけます。 医師は背中側からお話をうかがって、バスタオルを必要な分だけめくり、おしりの診察となります。看護師は患者様の横から診察の補助を行います。 指診や観察の前に、肛門にゼリーをたっぷり塗って、痛みなどをできるだけ抑えるよう配慮しています。切れている部分がある場合などでは、ある程度の痛みが生じる可能性があります。

2指による指診

手袋をした人差し指を肛門に入れますが、肛門が狭い場合には小指を使い、切れたり腫れたりしている部分、痛みのある部分、しこりやポリープの有無を優しく調べます。 肛門鏡による観察 金属でできた筒型の肛門鏡で内部を観察します。この時、肛門鏡にもゼリーをたっぷり塗ってから行います。 肛門鏡は徹底的な洗浄だけでなく、オートクレーブで加熱殺菌していますので、ご安心下さい。

3消毒

おしりの診察が終わったら、肌や粘膜に優しい消毒薬をスプレーして、ソフトに拭き取ります。

4処置

出血や痛みがある場合、注入軟膏などを用いた処置を行う場合もあります。 医師が手洗いに一旦席を外したら、身支度を整えてください。

5説明

医師が戻ってカルテの記載を行い、患者様に詳しく病状についてご説明します。

肛門診療を楽に受けるコツ

肛門診療をより楽に受けるためには、リラックスして身体の力を抜くことが一番有効です。身構えたり、緊張すると筋肉が収縮し、肛門もギュっと閉じてしまうため、痛みなどが生じやすくなります。ほとんどの方は最初、どうしても力が入ってしまいますが、それほど痛みがないことがわかると力をうまく抜けるようになります。最初は緊張もあって難しいかもしれませんが、リラックスを心がけてください。

痔の症状と種類

痔の種類

痔は肛門や肛門周辺に起こる病気で、表的なものに、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(じろう/あな痔)があります。

痔核(いぼ痔)

痔核は痔の中で一番多く見られる病気です。肛門を閉じるクッションになっている部分が膨らんだものであり、痔核ができる場所によって、内痔核と外痔核に分けられます。肛門と直腸の境目である歯状線の内側にできると内痔核であり、外側であれば外痔核です。

内痔核とは

内痔核ふくらみが歯状線より奥の直腸にある痔です。便秘などで排便時に強くいきんだり、妊娠や出産などが原因で起こります。

内痔核の症状

痛みはほとんどありません。排便時の出血や、痔核が肛門から出てくる場合があります。異物感や残便感といった症状が起こることもあります。
病状が進行すると、押さないと痔核が肛門内に戻らなくなり、やがて脱出した痔核が押しても戻らなくなります。

外痔核とは

外痔核代表的なものに血栓性外痔核と呼ばれる肛門に血豆ができているものがあります。便秘のほか、下痢が原因になる場合があるため、アルコールを過度に摂取したり、香辛料の摂り過ぎなどで起こることがあります。また、長時間のデスクワークや立ち仕事もリスクが高く、ストレスの影響も指摘されています。

外痔核の症状

腫れに伴って激しく痛むことがありますが、出血はほとんどありません。

裂肛(切れ痔)

裂肛肛門の皮膚が切れている、あるいは裂けている状態です。便秘がちの女性に多い痔であり、ほとんどは硬い便を無理に出そうとして皮膚がダメージを受けて起こります。また、慢性的な下痢や炎症から裂肛が起こる場合もあります。

裂肛の症状

排便時の強い痛みと出血が特徴です。痛みが排便後もしばらく続くケースもあります。治ってまた裂肛になるというのを繰り返していると、裂け目が深くなっていきます。やがて、潰瘍やポリープができる可能性がありますし、肛門狭窄という肛門が狭くなる状態に進行してしまいます。肛門狭窄が起こると排便がより困難になるため、裂肛が慢性的に起こるようになります。

痔瘻(じろう/あな痔)

痔瘻おしりの少し奥に肛門と直腸の境目である歯状腺があり、ここには小さなくぼみが存在します。下痢などによってこのくぼみに便が入って大腸菌に感染し、炎症が起こることがあります。膿がたまると、肛門周囲膿瘍という病気になります。肛門周囲膿瘍でたまった膿がトンネルを作りながら進んでいき、皮膚に穴を開けて排膿してくると痔瘻となります。下痢のほか、免疫力を低下させるストレスも痔瘻の原因にかかわっているとされており、肛門括約筋が強い男性に多い傾向があります。

痔瘻の症状

肛門周囲膿瘍の段階で肛門周囲の皮膚に腫れや痛みが起こり、発熱するケースもあります。痔瘻まで進んで膿が体外に排出されると痛みはある程度治まってきますが、膿による下着の汚れなどが現れます。なお、痔瘻は肛門周辺にトンネル状の穴が開いてしまっているため、手術でしか治すことはできません。

24時間WEB予約メールでのお問い合わせtop
0334476337
クリニックブログ 口コミを見る 口コミを書く メールでのお問い合わせ